施工についてのあれそれ

軒樋金物のピッチ(取付の巾)

軒樋に付ける金物は、一般的には600mm

軒樋を施工するときの金物の間隔は、一般的には600mm間隔です。
風が強い場所や雪がたくさん降る様な寒い所では300mm~400mm間隔になります。
(豪雪地帯の方・豪風地区の方はメーカーと相談してください。)

一般の住宅用も工場やビルなどの大型の樋も基本は同じです。

なので、
集水器・上合などがない、まっすぐに軒といを12m施工するなら
12000÷600=20 なので金物は20個になります。
(初めに1個必要な時もあります。そういう時は21個です。)

ついでに、
雪止金具のピッチは一般的に455mmです。
12m分を施工するなら
12000÷455=26.3… なので雪止金物は27個になります。

予算の都合でステンは避けたい・数を減らしたいなど色々あると思います。
そういう時は、パナソニックの一般住宅にはポリカーボネート(高強度タイプ)の軒とい用の金具がある商品もあります。
これは、一般地1000mm間隔で施工してもOKという商品です。
素材によっては、金物を減らすこともできますので、カタログなどを確認してください。

パナソニック カタログ 住まいの雨とい 2019年3月だと P112

エスロン カタログ 大型総合カタログ 2019年10月版だと P78~