小話

桂離宮

竹の雨とい

京都市の南西部,桂川の傍に位置します。
江戸時代・17世紀の初めから中頃までに、八条宮初代智仁親王と二代智忠親王によって造られたものです。総面積は付属地を含め約6万9千平方メートルで庭園部分は約5万8千平方メートルになります。日本庭園として最高の名園といわれています。
創建以来、火災にあうこともなく、当時の面影をほぼ其の侭に伝えています。
「桂離宮」と呼ばれるようになったのは、明治16年に宮内省所管となってからです。

この桂離宮の中に月波楼という建物があります。
月波楼(ゲッパロウ)には、「竹の雨樋」があります。
竹で出来た軒樋と竪樋。板材で出来た上合。直線と直線で作られた美しい樋です。
建物や周りの自然にも溶け込み、日本家屋とは美しいものだと気づかされます。
自然の素材で作られたエコな雨樋です。
産廃にならない、素晴らしい素材です。
現代の家屋を見慣れているので、軒から飛び出た軒樋は不思議なものです。

竹の雨樋が写ったフリー素材の月波楼の写真は見当たらなかったので画像は無しです。
見に行く機会がありましたら雨樋も見てみて下さい。
そして、雨樋がかっこよく写った写真を下さい。