疑問質問

雨樋の寿命はどれぐらい?

家を建ててからだいぶ経ちましたが雨樋はなにもしてません。
色あせてきたし、プラスチックも劣化するともろくなるので、取替えた方がいいか悩むのですが、雨どいの寿命ってどれぐらいですか?
一般的に雨樋の交換の目安は10~30年ほどです。
幅が広いと思いますが、使っている環境によって取替時期はだいぶ変わります。

地域の環境や使用条件によっては異なりますが、高耐候性使用の商品など丈夫で長持ちする物が増えています。
見た目は色あせたぐらいで機能に問題がなければ使えますので、5年や10年事の定期的なメンテナンスをしていれば長い間使用できます。

とは言いましても、
・軒樋の中にゴミが溜まったり
 (木の葉や木の枝だけでなく、虫の死骸や風で飛ばされたゴミ・土やホコリが入り中で固まっていたりします。) 
・傾斜がゆがんだり
 (雪や飛来物の影響で傾斜(水は高い所から低い所に流れる為に緩やかに斜めになっています)が逆になったり、「への字」に曲がったりします。)
します。
ですので、10~20年ほどで経年劣化により何処かしらガタが出てくることも多いです。
潮風や紫外線の影響で樋がもろくなったていたり、継手等で繋いでいる部分の接着が弱くなったり、金物が歪んだりビスや壁にあたる部分が緩くなったりします。
下から見ただけではわからない部分があります。

それに、10~20年ぐらいというと外壁のメンテナンスがくる時期だと思います。
ですので雨樋の寿命もそれぐらいだと思い、その時に一緒に雨樋も確認してもらうのをお勧めします。
外壁を触っているということは足場があると思うので、点検だけでもしてもらうといいですよ。
四方が建物で囲まれていて紫外線や風による劣化が少なくなど、掃除をするぐらいで樋の取替をしなくても大丈夫な事もあります。

樋工事の見積りで結構な金額をしめるのは足場や高所作業車です。
早急に対処しなくても大丈夫と言われても、足場が有るときについでに工事してもらうのが金銭的にはお得です。