台風に備えて

台風に備えて雨樋も確認していますか?

台風が増えてきましたので、
雨樋の現状など確認をお勧めします。

10月に入って今年も残り3ヶ月ほどになりましたね。

例年8~9月ぐらいが台風が発生しやすい
と言われていましたが、
最近は10月に入ってからも
台風の発生が増えているような感じがします。

そして、近年の台風はご存じの通り、
発生すると台風が大きく勢力が強い!
という感じがしてなりません。

気象の専門家ではないので詳しくはわかりませんが、
台風が直撃しなくても地球温暖化の影響なのか、
風が強いだけではなく雨量も多くなってしまうことが
増えてきている気がします。

雨が多く降るのなら建物の劣化を
少しでも軽減させるために、
雨樋の排水をしっかりとさせたいところです。

雨樋は建物の主役っていう感じはしませんが、
映画で例えると作品や主役を引き立たせるような、
なくてはならない名脇役といった感じかと思います。

そこで、名脇役の雨樋の効能を
しっかりと引き出してあげるために、
現状の状態を確認してみてください。

確認をしてみると雨樋が劣化で穴が開いていたり、
軒樋を下から見てみると角の止まりが
欠損して取れていたり、劣化や変形などで
外れかかっていることがあります。

雨樋を確認したときに上記のような状態になっていましたら、
主役である建物の劣化を軽減させるために、
雨樋の部分修理や取替えといった対応を
考えてみるとよい時期かと思いますよ。

雨樋に関して専門家に相談したい!
雨樋の状態を見てほしい!
といった場合は、
斎田株式会社をぜひご活用ください。

斎田株式会社は愛知県名古屋市北区に会社があり、
雨樋の販売・工事(修理)を50年以上しております。

雨樋のプロフェッショナルとして
経験も情報も長年蓄積しておりますし、
部分修理にも対応をしておりますので、
何かありましたらご相談ください。

斎田株式会社へのお電話でのお問い合わせは下記電話番号になります。
 052-914-0701

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせに関しましては、
下記ページも合わせてご覧ください。

お問い合わせ斎田株式会社へのお問合せ方法について 弊社へのお問い合わせ対応などにつきましては、 お電話でお問い合わせをいただくか、 直接ご来店...