小話

雀口

軒瓦を並べた時にできる軒先の隙間です。

軒樋の裏側になる事が多いので見えない場所でもあります。
この隙間に雀が巣をつくる事があるので、「雀口」と呼ばれます。
(漆喰等で埋める場合が多いので、軒樋がなくても見えない事が多々あります。)

鼻隠し等、瓦を止める板と、瓦の間にできるすき間です。

瓦の画像を借りたサイト ↓
三州瓦の愛知県陶器瓦工業組合公式サイト

雀口の説明をしたので、
ついでに商品の紹介を少し。

もともとは漆喰で塞がれていたものが、劣化して中の土が出てしまったり穴が開いたりします。
軒樋で見えない事が多いので穴が開いていることに気が付かないまま、という事もあります。
隙間ができると、雀だけでなく、コウモリや虫・小動物が入ってしまいます。

それを防ぐための商品が瓦面戸です。
瓦のすき間を防ぐ商品になります。
↓のリンクをご覧ください。瓦面戸の紹介をしています。

パイプ用(たてとい)防犯バンド・瓦面戸(雀口)取扱っています。弊社にお問合せをいただく商品のご紹介 こんな商品は取扱ってないですか? とお問合せを度々いただく商品を 今回2つご紹介をさせていた...