小話

倉庫の工事

午前中が雨だったので、弊社の倉庫の屋根工事をやってもらいました。
お客様からの工事の依頼が多く弊社倉庫は後回しになっていましたが、今日の雨で現場がなくなったのか小雨の降る中で工事をしてもらいました。

今回は、倉庫のあかりとりの部分やタイトフレームなどを留めているビスの下のパッキンが古くなりここから雨がつたい雨漏りをしているので、シリコンでビスの所を埋めてもらう簡単な工事です。
シーリング工事・コーキング工事と言われる工事です。(シーリングもコーキングも意味は同じです。)

前回は、谷樋に詰まっていた土やホコリ等の掃除をしてもらいました。
掃除とコーキング工事をしたので、これで取りあえずは大丈夫なはずです。
ヒビが入っている部分もあると、職人が言っていたので明かりとりの部分を取り替えないと根本的な解決にはならないみたいです。

倉庫(住んでいない)なので、長くほかっていましたが、
写真の柱や壁の様にシミが出来ますし、蛍光灯の近くで雨漏りしているので漏電の危険もあります。一般家庭は壁紙が貼ってあるので、壁紙も浮いてきます。
水がしみてきますとカビや腐食の原因にもなってきます。
雨漏りは初期の段階で直しましょう。

雨樋が壊れたり詰まっている時は、取り替えたり掃除をしたりしましょう。
排水が上手くいくと雨漏りを防ぐことが出来ますので、屋根も長持ちします。

濡れている屋根は滑りやすく危ないので、晴れの日(屋根の濡れてない日)に工事をさせて下さい。
(雨天順延でも大丈夫な様に、工期には余裕をもってご依頼ください。)