小話

金閣寺

金閣寺 黄金の雨樋

臨済宗相国寺の塔頭寺院の一つ、鹿苑寺といい舎利殿「金閣」がとくに有名なため、通称は金閣寺と呼ばれています。
室町幕府三代将軍、足利義満が極楽浄土を思い描いたといわれています。

ついでに言いますと、アニメの「一休さん」に出てくる将軍様が足利義満になります。
足利義満は延文三年(1358年)足利二代将軍義詮(ヨシアキラ)を父に、石清水八幡宮検校善法寺通清の娘良子を母として生まれています。
石清水八幡宮には織田信長公寄進の金銅製雨樋があります。(金ぴかの雨樋と言うとココがメジャーです。)


↑画像:弊社社員撮影

金閣寺の軒樋にも金箔が張り巡らされています。
池の反対側から金閣寺を見上げてもらうと、三層目の軒先から大きく飛び出した樋が分かりやすいと思います。
三層目だけでなくその下の二層目にも雨樋が掛かってます。
竪樋は無く軒樋からそのまま池へ落とす仕組みとなっています。
雨樋の止まりは丸型で家紋が入っているらしいです。
肉眼で見るのは難しいと思おうのでズーム機能があるカメラなどで撮影してみてください。


sunryoflowerによるPixabayからの画像

金閣寺は世界遺産でもあります。
修学旅行でお馴染みだったり、アニメ「一休さん」に出てきたり、三島由紀夫の代表作でもある、長編小説「金閣寺」は、昭和25年に学僧による放火で全焼しこの事件をモチーフで近代日本文学を代表する傑作の一つと言われています。
行った事がなくとも聞いたことはあると思います。馴染み深いお寺です。

臨済宗相国寺派 金閣寺
〒603-8361 京都市北区金閣寺町1